(村上涼子)サマーバケーションとなり帰郷する彼と会話するべくえきに向かった彼女 其の三。甘塩端麗作品