(夏目彩春)店の前を通りかかった倉田は、彩春にひとめ惚れ 其の三