(黒田礼子)亭主は気づいてシまッた…女房が、経年した分だけ女性としての魅力に深みが増していた事を… 其の三