(真木今日子)今日子は寂しさを紛らわそうと、自慰発電をしていた 其の二