(相原翼)お嬢様は先生の肉のタクトなしではもう生きていくことができなくなっていた… 其の三