(風間ゆみ)最初は心の支えになっていたがある日を境に違和感を覚えるようにナッた 其の一