「専属女優の契機が終わった後、キカタンとしてやっていくことが不安だ」と言っていた輝月あんり 其の三